ダイビングライセンス取りました

diving01

9月半ばに遅めの夏休みをいただきました(連休を連結するという社会人にあるまじき空気読マヌ技を使いました)。
でもこんな連休は社会人になってそれこそ初めて…! そしてそれなりに出発直前はよく頑張った…!
暑さによる疲れのピークが8月終わり~9月頭だった気がするので、ほんと今回はよく9月半ばまで体力が持ったなと思います。

で。一路、タイ(Thailand)・プーケットへ。
今回の目的はバカンスもあるけれど、一番はダイビングライセンス。
当初乗り気でなかったんですが、ライセンス取りました。取れちゃいました。
結構頑張った。
どんな感じか書いてみる。



取ったのは、オープンウォーターライセンス


そもそも「ライセンス」というものの、公的な免許ではないんです。
PADIというワールドワイドなダイビングの組織があり、そこの認定を受けることで、
「この人はちゃんと講習を受けていて知識がありますよ」と証明するためのライセンスです。
で、このライセンスがあると世界中のダイビングショップでサポートを受けられます。

このライセンスはいくつか種類があるのですが、私が取ったのはオープン・ウォーター・ダイバー・ライセンス
自分でコンディションや器材を選ぶことができて、自由に潜れますよーというライセンスです。
ただし深度は18mまで。
さらに、沈没船や洞窟なんかを自由に潜るには、もっと上のライセンスが要ります。
先に、結果から言うとこれも取ればよかったかなと思っています…。

で、何をやったん?

取得のためには何と3日間必要。
朝から夕方までみっちりやります。
こんなスケジュールでした。

1日目…学科&試験
2日目…プール実習&海洋実習
3日目…ALL海洋実習

さらっと書いてるけど、体力要りましたよ…!

1日目、学科&試験

学科&試験はこんな感じ。結構、量があります…。浮力とか圧力とかは、たぶん理科レベル。
さらにはDVDを観た上で丁寧な解説があるので、退屈しない感じ。興味あることの勉強って面白いよねぇ。
午後は眠気防止の珈琲を飲みながらきっちり数時間勉強し、無事に学科試験もパス。
いやー、久しぶりのテストは燃えました。
とは言え、耳抜きの不安は変わらず。日本にいる間に耳抜きの練習をしてみたけど、感覚が分からなかったので…どうなることやら。


2日目、プール実習 ~パニック編~

2日目はいよいよ器材をつけて実習。
まずはダイビングショップの近く、街中に突然現れるプールで実習。道行く人に写真撮られてたりしてました。
最初は泳いだりしてみる。そしてついに器材をつけて初めてタンクからの空気で呼吸します。
これがね…水深1.2mだから足がつくのに、最初は恐怖!!でした。
鼻から息をするのがNGで、口呼吸だけになるので、え、これで私ちゃんと呼吸できんの?え、無理じゃね?
という感じに…。
でも旦那ももう1人の生徒さんも平気そう…。
なので耐えましたよ。あれって初めて泳ぐ時の感覚と似てるのかもしれんな~。
そしてこの瞬間に、ドラマ・あまちゃんで素潜りを自身で撮影しきった能年ちゃんのすごさがよくわかりました(笑)

プール実習ではマスクを外したり、エア切れの際のコントロールなんかをやりながら、
さらにその後は5mくらいの深さ部分で潜行の練習を実施。
そう、ついに水圧が発生。
なんと私、この時点でうまく耳抜きできませんでした…orz (どこまでも迷惑をかける生徒)
インストラクターさんの明るさに励まされながら、昼食を経て、午後は海洋実習です。

耳抜きをしやすくする薬を飲みましたが、大丈夫かな~。


2日目、海洋実習 ~ザ・タイな感じの船長現る~

午後は海洋実習。海に!出ます!
大丈夫なのか!

この実習はビーチでボート(海釣りで使いそうなやつ)を使ってのダイブです。
どうやらボートはインストラクターさんが操るのではなく、地元の人が操作して連れていってくれるらしい。
この船長が…。

約束の時間に来ませんでした(笑)
大丈夫なのか!

ちょっと待ちぼうけした後、連絡の取れたタイのおっさん(船長)がスクーターに乗って登場。
「いやーごめんごめん、明日だと思ってたよ!(てへぺろ)」だとさ。
…さすがタイ時間だな!(笑)

「すぐ来るからちょっと待ってろ!(注:想像)」と言い残してボートに走るおっさん。
波に押されながら(大丈夫なのか)、やっとこさっとこ砂浜へ係留。
さあ出発!となった瞬間に、おっさんが言った。


「ごめん、スクーターに忘れ物した!(注:想像)」と言い残し、おっさん、海へどぼーん。

…だ、だから、大丈夫なのか?!ほんとに?!
思い出しただけでも、このおっさん、本当に笑えるわ~~。(O型かB型の匂いを強く感じるわ?)
だから「マイペンラーイ」って言葉があるんでしょうな。
嫌いじゃないです。むしろ大好きです。


ちょっと待った後、おっさん、忘れものを無事に取ってきたのか戻ってきて、やっとこ出航。
ここで不安になるくらい沖に出ました。
海のど真ん中で係留。えええー。波が容赦なく押し寄せます。
足元おぼつかない感じで器材をセット、あれよあれよという間に潜行しました。

耳抜きはここで、かなり慎重にやってました。
そしたら、ふわっとコツをつかめる瞬間がやってきて、無事に潜行できました。
初めては5m程度。でも怖い(笑)2度潜ってこの日は終了。

そして、帰途で気づいたこの日の最大の災難とは。
「耳抜きするために鼻をひねりすぎて、鼻がトナカイ化したこと」
で、ありました…orz (内出血しました)
カッコワリー!
ちょうカッコワリー!


3日目、ボートダイブ

ついに3日目、最終日。
2日目のうちに「透明度が低いかもしれないけど近いダイビングスポット」か「透明度はある程度保障されているが追加料金がかかるダイビングスポット」を選べと言われて、後者にしました。だってせっかくだしね…!

朝からホテルに迎えが来て、港からボートから1時間ほど揺られます。
このボートが結構でかい。個人のヨットレベルを想像していたけど、地方の遊覧船くらいデカかった…。
移動中に朝ご飯食べたり。器材の準備したり。
ボートに乗り合いしたのはロシア人と中国人が多い感じ。どの国でも目的は同じ。面白い。

しかし、ボート。
どうやってエントリーするんだろう…とブルブルしておりました。
実際のエントリーはボートの後方から、1歩踏み出すような形でエントリーしました。
これがあーた。怖いの。すげー怖いの。
ホテルのプールで飛び込み台から飛び込むより勇気いりました(笑)

さすがに3日目ということもあり、耳抜きもうまくいきながらユックリと潜行。
あとはもう、昨日とは全然違う世界に夢中…!
午前中は海洋実習の残りの項目をやり、コンパスなどの使い方等を学びました。

そういえば昼食中に、中国人の女性が寒いのか真っ青でブルブル震えていたのがちょっと気の毒でした。
痩せてる方だったので、やっぱりマリンスポーツには肉が必要なんだなと…。
私心配ねえな…と…。 水中で撮った写真、水圧でちょっと細くなってたらいいな…。

午後は割と自由にダイブ。

▼こういう書くやつ観たことある…! 色々インストラクターさんが教えてくれます。(Tさんには迷惑かけどおしでした…)
diving03 ダイビングライセンス取りました

▼インスタントカメラで何とか撮った。
diving04 ダイビングライセンス取りました

▼ロウニンアジの群れに感動。ずっと一緒でした。
diving02 ダイビングライセンス取りました

このダイブは数十分も潜っていたのに、本当にあっという間でした。


書いてたらまた行きたくなってきた

いやー、また行きたいです。やっぱりアドバンスドを取りたいですね。車でいうならAT限定解除って感じですかねー。
そして帰ってきて、いろんな人に話をしたら、意外な人がライセンスを持っていたりして、結構盛り上がりました。
オススメされたのは、パラオ・セブ(フィリピン)・シパダン(マレーシア)。
こちらももちろんいつかは行きたいです。

今もプーケットの海に誰かが潜ってるんだろうな。
心底うらやましい!
また行くためにも頑張って働きます。ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>