【自転車】路上で遭遇した変な出来事たち

bike_img

スポーツバイクに乗り始めて2ヶ月目。
なかなか不思議な出来事にも遭遇するようになってきましたw

中でも不思議だったことをつれづれと書きとめてみる。


パンクに気づなかったタクシー

皇居の、確か気象庁を抜けたあたりの交差点。信号を待っていると、旦那が真ん中の車線に寄って行く。

「?」と思っていたら、どうやら同じく信号待ちをしていたタクシーがパンクしているようでした。
ドライバーのおっちゃんは、旦那が窓をコンコンしてもまったく気づかない。

とかやっているうちに青信号に。
駆け抜けるタクシー!(但しパンク)
導入したばかりのビンディングペダルを、ひたすら回す旦那!
しかしどこまでも青信号!
「回せ!回せ!頑張って!」後方から檄を飛ばす私(当然追いつけない)。

あー待ってー…ぇー…ぇー…!

残念ながら、やっぱり追いつけませんでした。

そのタクシーが左折した上り坂を後から追いかけてみましたが、やっぱり見当たらず…。
あの時のおっちゃん、お客さん乗せてないといいけどねぇ。自転車と違って自動車はパンクって気づかないもんですね。

皆さん親切なライダーを邪険にしないでネ。

女性ライダーはなめられる?

…ような気がします。気のせいだといいです。
家の近くは概ね路面状態も良く、ドライバーのリテラシーも高いと思うのですが、どうやら良く通る通りで相性の悪い道があるのです。

1つは、丁字路の左上から下へ右折しようと思った時。
右折レーンに入って曲がりきれなかったので、歩行者用の歩道にいったん上がり、信号を待つことにしました。
(判断は臨機応変に!)

そこで、下から来て右折する車に何故かすれ違い様にプッとクラクション鳴らされました。
…なんでやねん。
歩道からは一ミリ足りともはみ出してません。
さすがに頭に来てココロの中指立てましたね。

何だったんだろう。いったん右折しようともしてなかったし、安全な、むしろどっちかといえばビビリライダーなんだぜ。

さらにもう1つは、停車中のトラック横を横切る時に、ほぼ確実に「わざと」ブレーキのエアをブシュッと鳴らされること。
これ何だかすげえ頭に来るんですけど何か恨みでもあるんかー。

このへんとかみてると、自意識過剰だよーってあるんですけどね。

お互いに気持ちよく車道で過ごしたいものです。
マナー守って、少しでも自転車乗りに理解のあるドライバーさんを増やせるように気をつけたいと思います、はい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>