ウイルスバスターに怪しいサイト扱いされたら、こうする

thinking

どうもどうも。11月から12月までどうにもバタバタとしながら、サイト制作とかやらせてもらっていたらすっかり年末ですよ!
来年はもっと更新したい…。


さて、その新しいサイト制作をしていたら、こんな質問をいただきました。

「この新しいサイト、ウイルスバスターに怪しいサイトされてない?」

えー(しろめ)



怪しいサイト扱いとは、こういうことです


WS000002 300x181 ウイルスバスターに怪しいサイト扱いされたら、こうする

おわかりになりますでしょうか…。
リンク部分がグレーになっているのを!
あまつさえも!ハテナマークとか!つけるなよ!

実はすいません、これずっといつかそのうちに取れるだろうと思っていました。
ドメイン年齢が若いせいじゃないかと。ええ。どうせ弱小サイトだからだろ的な。ええ。
しかしこのキャプチャのドメインについては、言われてみればすでに数年経っています。

ウイルスバスターとか惰弱なもの入れてる環境とかシラネ
…大手のソフトウェアですから、きっとユーザーも多いことでしょう。
制作をさせていただいたサイトのこともあるので、ここらでちょいとちゃんと調べてみることにしました。


ちゃんと申請しよう


電話で申請した(!)という猛者もいるようです。スーパーアフィリエイターさんのブログにて。ええ。そりゃ切実でしょうね。
ネットでスマートにやる場合には、こちらからできるようです。

Trend Micro Site Safety Center について

まずは対象のサイトを入れてみると…
ああ、やっぱり未テストのままのようです。

WS000003 300x120 ウイルスバスターに怪しいサイト扱いされたら、こうする

WS000005 300x203 ウイルスバスターに怪しいサイト扱いされたら、こうする

なので、サクッと評価を依頼しておきましょう。
カテゴリも追加できるみたいです。

WS000006 300x278 ウイルスバスターに怪しいサイト扱いされたら、こうする

何でTOPにくるのがアダルトなんだよ今すぐ説明しろコラ
…このカテゴリも、適切なものを選択してあげましょうね。

OKボタンを押して申請完了!
あとはちゃんと評価されるといいんですけどね。

お困りのWebマスターの方は、ご面倒だと思いますがぜひ登録をしたらいいんじゃないかと思います。はい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>