スマートフォン・タブレット対応の準備はまずコレ【Android用】

スマートフォン、タブレット

最近、やっぱりというか案の定というか、仕事の方でスマートフォン対応の話題が出て、まぁ着々と進行中。
今までほうっておいたので、ここにもまとめておこうと思います。

開発環境として、Mobile Safari用とAndroid用、
2つシミュレータ(エミュレータ)を選んでインストールしました。


Mobile Safari用】はこちらを。

Android SDK

  • 本格開発用。
  • インストールは結構手間。
  • でも起動すると感動するよ!特にiPhoneしか触ったことのないデザイナーは要チェックだ。
  • Developer向けのツールなのでブラウザ以外も使えるんだと思います。たぶん。

Let’s Install

インストールはこちらのサイトを参照にさせていただいたので、こちらの方が詳しいです。
  • Android SDKより、Zipファイルをダウンロードする。Recomendedされてるexeファイルはあまり便利じゃないっぽいです。
  • 入ってない人は必要なのでJavaもダウンロードしてインストール。
  • Javaのパスを設定。
    マイコンピュータ>プロパティ>システム環境設定>詳細設定タブ>環境変数 の中の、
    PATHへ「C:\Program Files\Java\jdk1.7.0_01\bin;」を追記。(無い人は変数を新規作成)
  • Android SDKの解凍と設置をする。解凍されたフォルダをCドライブ以下へ置く。
  • SDK manager.exeを使って必要ファイルをインストール(とりあえず最新版Androidとtoolsをインストール)
  • Android SDKのパスの設定をする。
    Javaの時と同じく、
    マイコンピュータ>プロパティ>システム環境設定>詳細設定タブ>環境変数 の中の、
    PATHへ「C:\android-sdk-windows\platform-tools;C:\android-sdk-windows\tools;」を追記。

  • エミュレータ(C:\android-sdk-windows\AVD Manager.exe)を起動する。わかんない人はこちらの参照サイトも役に立つかも也。

  • 画面が立ちあがるので、ここでちょっと感動しておく。
  • Setting>Languageで日本語と日本語IMEを選択。私の時は中国語IMEがエラーを起こしていたので切りました。
  • HOME画面へ戻り、Webブラウザを起動する。

Comments

localhostにはAndroid ADK自体を参照してしまうようで、
ローカルPCには別にIPが振られているそうです。
なので、エミュレータ上のブラウザから制作データをプレビューする際には、「”’10.0.2.2”’」を使用しましょう。


以上で準備完了です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>